竹富島うんちく話

中級者コース

文字の大きさを変える  大きくする 小さくする

ピィヤーシ

石垣に生えるピィヤーシ

この植物は、石垣に這うようにして生えているのをよく見かけます。沖縄では一般的にはヒバーチとかヒハチなどと呼ばれていますが、島によって呼び名がいろいろで、フィバチ、ピパーツなどと呼ぶところもあり、竹富ではピィヤーシと呼んでいます。


熟すと真っ赤になるのですが、香辛料として使うには、熟していない実を摘んで、乾燥させて煎ってからゴリゴリと潰します。
胡椒科の植物で、味も胡椒も使い方も胡椒とそっくりですが、沖縄ではそば以外にも何にでも使われているようです。
葉っぱも天ぷらなどにして食べると聞きました。


竹富でも、いろんな所が作って売っています。下の画像は「たけのこ」さんのです。私が知っているかぎり、たけのこさんが一番古いのではないかと思います。

たけのこさんの瓶入りピィヤーシ

 

竹富島うんちく話のメニューに戻る
サイト内検索
複数の単語を入力する時はスペースで区切ってください。


AND OR

Google
 
Copyright(c) TDON. All rights reserved.
本サイト内で使用している画像、テキストについて、転載・転用なさりたいときは管理人までご連絡ください。