竹富島大好き

中級者コース

文字の大きさを変える  大きくする 小さくする

Taketomi 。。。Taketomi 。  オズ

 私が、初めて竹富島に足を踏み入れたのは去年のGWだった。
新婚旅行は絶対、沖縄の離島に決めていた。添乗員をしていた私は沖縄の本島は冬の時期には週に1度は仕事で行っていたのだが、「八重山七島めぐり」の添乗の仕事が付いたときは課長に「違う所に変えて下さい」と頼んだ。。。

 私の彼(今の主人)は、土曜、日曜の仕事の多い私の仕事を理解していてくれ、言葉にはしないがいつも淋しい週末だったようでした。その彼がある日私に言った「会社の人に、おまえの彼女は添乗員だからいろいろ旅行していて一緒には、初めての感動できないな」と言われてしまったそうだ。
 その言葉に、まだ行っていない離島に新婚旅行で行こうと、思ったのだった。もちろん、それからは情報収集をして去年、13泊14日の離島新婚旅行を実現した。

 離島では、なるべく民宿に泊まりたい、そんな私の願いを彼はOKしてくれた。
 仕事でホテルばかり泊まっていた私はホテルより民宿にどうしても泊まりたかったのだ。あの冷たい感じがどうしても嫌なのである。無事に竹富の民宿で夕飯をすませ、西桟橋に夕日を見に行った帰りに同じ所に泊まっているおばさんに連れられまっすぐに民宿に帰れず彼と別れ別れに、、、

 1時間後民宿に戻ったら、同じく泊まっている男の人と泡盛を、本当にとても楽しそうに飲み交わしていた。「どこいってたの」と彼に言われ私は「楽しそうに飲んでてよかった」と伝えた。
 結局その民宿には、3泊した後に他の島に行ったのだがある島を1泊キャンセルしてまた竹富に戻ってしまった。彼も、今はすっかり民宿派になり又3週間後のGWには、竹富島におじゃまする予定です。竹富島は、他の島をキャンセルさせるぐらい素敵な島です。

/ / / / / / / / / 10 / 11 / 12 / 13

竹富島大好き のメニューに戻る

サイト内検索
複数の単語を入力する時はスペースで区切ってください。


AND OR

Google
 
Copyright(c) TDON. All rights reserved.
本サイト内で使用している画像、テキストについて、転載・転用なさりたいときは管理人までご連絡ください。