竹富島大好き

中級者コース

文字の大きさを変える  大きくする 小さくする

 のしいか 

 4月20日〜22日、彼と初めての旅行をしました。
 石垣空港に降り立った初日はあいにくの雨で、南の島に来たという実感は全く沸きませんでした。
 このまま雨が降り続くようなら2日目に予定していた竹富島もあきらめようか、と話していましたが、雲は厚いながらもなんとか雨はやんでくれたので、これ幸いと念願の竹富島へと足を伸ばしました。

 今回の旅行はとにかくのんびりすることが目的だったので、竹富島でもかなりゆっくりと時間を取りました。
 レンタサイクル屋の丸八のおばちゃんが教えてくれたように、砂に手をあてて星の砂を探したり、砂浜に寝転がったり、泳ぎもしないのにビーチでかなりの時間を費やしました。とにかく海が綺麗。ずっと見ていたい気分でした。

 何を見ても「こんなの初めて!」です。竹富にいる間中、このセリフを連発していました。
 私の住んでる地域も海が綺麗な所があり、日本のビーチ100選に選ばれているのですが、それとはもう格が違ってました。

 色が全然違うんです。綺麗な明るいコバルトブルーの海なんて見たことありません。全く初めて見る色でした。もーびっくり。
 少々曇りがかったその日でさえそんな美しい色なんだから、快晴だといったいどれほど素晴らしいんでしょうね。
 何度でも来てこの海を見ていたい、本当に心からそう思いました。

 一通りビーチを楽しんだ後は、なごみの塔に登ったり西桟橋で大きなカニを見つけたり、のーんびりゆーっくり自転車をこいで竹富を満喫しました。
 そろそろ帰ろうかというところで急に大雨に降られたので、慌てて丸八へ戻り船着き場まで送ってもらいました。
 島の天気は変わりやすいのですね。あまりの急変にびっくりしてしまいました。
 でも一通り見た後だし、青いビーチも見ることが出来たので大満足の竹富島でした。

 今度はもっとゆっくりと、民宿に連泊してみたいです。そうしたらもっと違う竹富島のステキなところが見えてきそうな気がするから。今度の旅行でも十分良さは分かったけど、まだまだ何かありそうな、奥深い感動がありそうな、そんな竹富島へぜったいにもう一度行きます。

 彼との初めての旅行でこんなステキな所に来られて良かった。お互いの気持ちが深いところで結ばれた様な気がします。
 竹富島ってほんと不思議なところです。
 なーんにもないのに絶対また行きたいって思わせる、説明できない不思議な力がありますよね。
 こんな世界があるなんて今まで知らなかったのがウソのように、今では毎日竹富の綺麗な家並みと、海の色と、彼の笑顔を思い出して日々の生活をがんばっています。

 あーもっと近かったら休みの度に行けるのになぁ。

/ / / / / / / / / 10 / 11 / 12 / 13

竹富島大好き のメニューに戻る

サイト内検索
複数の単語を入力する時はスペースで区切ってください。


AND OR

Google
 
Copyright(c) TDON. All rights reserved.
本サイト内で使用している画像、テキストについて、転載・転用なさりたいときは管理人までご連絡ください。