竹富島大好き

中級者コース

文字の大きさを変える  大きくする 小さくする

なにがなんでも、竹富島が好き♪  めい 

 5年前に初めて竹富に行った時は、赤瓦と白い道の町並みを見てみたいというだけで、まさかこんなにはまるとは、思いもしませんでした。

 景色の美しさも、出会った旅人も、干潮時には泳げなくなる位のたくさんのサンゴも、何もかもがすばらしかったけど、何と言っても、ゆっくり流れる島時間と宿のおばさんとおじさんが素敵でした。

 朝夢心地の頃に流れる音楽、朝の散歩で出会う島の人々、おいしい朝ご飯、海水浴、八重山そば、お昼寝、かつ子さんのお店でおやつ、島の味たっぷりの夕ご飯、西桟橋の夕日、おじさんの三線と泡盛、1日中、何かをしても、何もしなくても、とっても楽しくて、の〜んびりできて、こういうのが本当のリゾートって言うのではないかしら?と思います。

 とにかく、竹富島が大好き!です。

/ / / / / / / / / 10 / 11 / 12 / 13

竹富島大好き のメニューに戻る

サイト内検索
複数の単語を入力する時はスペースで区切ってください。


AND OR

Google
 
Copyright(c) TDON. All rights reserved.
本サイト内で使用している画像、テキストについて、転載・転用なさりたいときは管理人までご連絡ください。